2018年12月02日

第5回 福祉のつどい 清須っ子クリスマス会

交通安全教育ボランティアのかけ橋を通してご依頼をくださったのは5月でした。
代表の浅野さんとは何度もの打ち合わせを重ねました。
送られてきた資料も細部に亘るもので驚きました。
協賛・後援・そして協力の各団体さんのすべての動きのわかるものです。
事前準備にご依頼の方の想いがいっぱい詰まっていると、
当然私たちの当日に向けてのテンションもです。
003.PNG












学生ボランティアのサンタさんいっぱいです。
002.PNG












整備戦隊ナオレンジャー・レッド&なも助さん

充実・楽しい・笑顔いっぱいのクリスマス会でした。
Yu&Keiの
交通安全のお話は
「横断歩道を渡る時の注意
ま・み・む・め・も」でした。
ジャグリングは大きな会場で
のびのび・愉快に・楽しくできました。
体験は10分くらい皿回しができました。
やっぱり「見て楽しい・やって難しい・できて嬉しいジャグリング」ですから。
ほんの数分でも体験が重要なんです。

1時間30分に凝縮された素敵なクリスマス会でした。

Yuも自閉症児ですから仲間である福祉関係の活動は多いのですが、
啓発された事が幾つか!!

チラシの中に
『当日は、お子さんの好きな本や人形・DSゲーム等、気軽にご持参下さいね♪
プログラム中は、お子さんがフラフラ歩いても大丈夫です!(気にしないで)』
こんなコメントが書かれていました。
Yu&Keiも
「ずーと座って見ていてね。」なんて思っていません。
ジャグリングの色鮮やかな道具とYuの技と楽しい音楽で
どれだけみんなの気持ち惹きつけられるかな
ジッとしていられずにステージ中に道具を触りに来てもです。
興味持ってくれたって思います。

『☆行事内容☆
平成26年度から、清須市に在住の「障がい児や病弱虚弱児等」とその家族を対象に
周りに気兼ねなく参加できる社会行事を計画し「清須っ子クリスマス会」を開催してます。』

『お子さんの事情などでご家族がより良く参加できるように環境整備で準備する事がありましたら
遠慮無く教えてください。』


普通ならわがままと言われそうな事。
でも障がいを持った子どもたちの親は思うのです。
「うちの子の興味を止めないでその場所に皆と一緒に居たいね。」って
人それぞれ十人十色の参加の姿がある事。
みんな受け入れて会を作っていこうとする趣旨を感じます。
005.PNG






















浅野さん楽しいクリスマス会
ありがとうございました


posted by Yu&Kei at 00:00| Comment(0) | 活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: