2017年06月25日

大人のYuの環境

032.PNG

Yuのお部屋のリホームが完了しました。
子どもの頃からの学習机も処分して、グッとシンプルイズベストの部屋になりました。
快適な日々を過ごしてください。
posted by Yu&Kei at 00:00| Comment(0) | Yuのつれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

1人カラオケの進化

カラオケにはまって休日になるとカラオケに3時間。
40曲近く歌いまくる。
@ アニメ曲 (現在の放映のもの)
A一緒に行くメンバーの時代に合わせたアニメ曲
BNHKみんなの歌 姪っ子と一緒に歌える曲
C 一緒に行くメンバーの十八番の曲
Dピコ太郎  旬の曲

1人で行くよりやっぱりみんなと一緒がいい。
折角歌うならみんなと一緒に歌える曲がいい。
自分で歌いたい曲とメンバーに合わせた曲を歌う。
人好きのYuらしいカラオケの姿です。

更なる進化はどんな曲でしょう

posted by Yu&Kei at 00:00| Comment(0) | Yuのつれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

3年日誌

Yuが小学校3年から書き続けた日記20年
を卒業して。
新しい試みが始まりました。

2016-02-04サークル 001.JPG


2016-02-04サークル 004.JPG


2016-02-04サークル 003.JPG


文章での日記ではありませんが、これから3年間のYuの生活がわかります。
予定であったり、実績であったり・・・
今までひとりで日記を書けないYuが
『今日僕は・・』と言って日記の内容を私に聞いていた。
そんな20年間でしたから。
その時間が必要なくなってYuは自分の想いで書いています。
とても自由に

良かったね。
posted by Yu&Kei at 00:00| Comment(0) | Yuのつれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

卒業 20年間の日記

小学生3年生から書き続けた日記をYuの意思で「卒業」しました。

120冊の日記に込められた多くの意味・意義そして
この日記によって自閉症のYuの心は育ちました。

28歳の今卒業してよいとは私は思いません。
でも、Yuの決断を私が翻すことはできません。
何等かの形で彼の日々を綴るものを探さなきゃって思います。
どんなものになるかは今は???ですが・・・

20年間毎日一緒に書いた日記がなくなるのは、
実は私自身が寂しいのですが。
卒業しないと次のスタートはありませんからね
次なるものを探すことがちょっと楽しみです
posted by Yu&Kei at 00:00| Comment(0) | Yuのつれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

『ひとりカラオケ』  それは『自立』です

この頃Yuがはまっているのに「カラオケ♪」があります。
今年初めiPadminiを購入
最初はゲーム三昧でしたが、いつからかカラオケアプリで歌い始め。
マニメソングから嵐の曲
そして家族がカラオケで歌うみんなの曲まで幅広く歌っているうちに。
ついに
『一人カラオケ』にデビューしました。

言葉・話すこと苦手なYuにとっては凄く良い・・・・『カラオケ療法』になりそうな予感
大好きなアニソンはイントロで曲名がわかる。
英語まで耳から入った発音でなかなか手(チョキ)
和田あき子さんの曲は物まねで。
郷ひろみの「お嫁サンバ」はステップ入りで。
「青春時代」「真っ赤な太陽」「りんごの唄」「22歳の別れ」「春雷」・・・・
時代を超えた曲たちで愉快です。

ひとり
ゲームセンター・ビリーヤード・ツタヤ・ゲオ・眼科・歯医者・石井クリニック(発作の薬)・理髪店・そしてカラオケ
最初は私と一緒に行っていた場所に2回目からは一人で行かれるようになった。
趣味そして生活の中で必要な場所に行かれるようになること。
将来の自立への一歩一歩なのです。

いつか親は一緒に出られなくなり⇒居なくなる。
そうした時に誰かと一緒でなくとも自分の判断で行動範囲内に必要な病院や理髪店があることは大事。
これからもっと「ひとり・・・」が増えていくことを願っています。

そして
『お父さん一緒にカラオケ行こう』
ひとりより二人がいいYuが休日出不精の主人を誘ってくれる。
絶対私よりYuの希望に答えてくれる主人です。
男同士で酒を飲み交わすことはありませんが、カラオケで歌う親子二人の光景は素敵です

posted by Yu&Kei at 00:00| Comment(0) | Yuのつれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする