2018年04月11日

ディサービス星崎

繋がる活動です。
近くのコミセン食事会でいらしていたスタッフさんが呼んでくださいました。
私たちの活動を見てくださってからのお呼び」は心強いです。
紹介の段階でとっても盛り上げてくださってとってもやり易いです。

ノリノリYuは『ノーミス完璧でした』ととっても満足そうです。
右腕の調子を見ながらのKeiは慎重です。
でも、楽しいです。
体験のお皿はベットで寝たきりの方にも体験してもらえました。
セラミックのお皿ももちろん回してもらえました。
びっくりして大きなお口開けて複雑な表情でした。
でも、言葉がなくても絶対嬉しいんだとKeiは感じました。
こんな瞬間がたまらなく大好きKei
皿回し、リボン、クロス引き抜き
あっという間の1時間でした。
実は始まる前に窓口になってくださった松ちゃんから
『皆さん高齢の方なのでゆっくりのんびりやってください』と
言われていたのですが、そんな気配り必要なくみなさん楽しんでくださいました。
スタッフさんも楽しかったですね。
001.JPG

また、呼んでくださいね。
posted by Yu&Kei at 00:00| Comment(0) | 活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

俳句 川柳 入門

おしゃべりな私が言葉遊びに趣味を広げようと思います。
体ばかり動かしていましたが、いつまでも思う様には動けないでしょうから
そろそろ、
文科系にも興味を持ちまして。

書初めの 言葉ひねりて 句入門
おちょぼさん きつねの耳の あげふたつ
まな板や 今日が検査日 鯉のよう
手の痺れ 寄り添う友と 寒椿
人ごとの 悲鳴は愉快 コースター
茜色 松葉にもれて 落ちてゆく
札鑑よ 今は乱れし 札扇
時を経て つなぐボールの あたたかさ
蝋梅を 眺める母に 笑み一輪
004.PNG

手術前 良薬よりも 経験談
羽根追いて 疲れし夕餉に 寿司三昧
肩並べ 洗濯干しの 春うらら
父が呼ぶ 春ひとたびの 昼下がり
片腕の 不自由な日々に 季語は無し
稲荷寿司 狐の折り紙 添えられて
011.PNG

雄人待つ 流しにたまった 食器たち
ジャグリング 進行係じゃ 喋リング
ジャグリング 立てなくなったら 座グリング
家事ディビュー やり方絶対 口出さず
002.PNG

何だっけ? 先日言った 欲しい物?
土雛よ 鼻の欠けたる お転婆さん
005.PNG

背いくらべ あふれんばかりの つくしの子
004.PNG

愉快かな 三十路の兄弟 ボール追い
花満開 想いは6月 梅雨の頃
003.PNG

下の世話 鼻かぜひいて 臭い無し
お世話無理 106センチの 腹回り

ひとつひとつ句説入れるといいのですが。。。。
とりあえず載せちゃいました。
posted by Yu&Kei at 00:00| Comment(0) | おしゃべりタイム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

あいじゅリハビリセンター

kei手術後本格的に活動開始です。
しかし、しびれは残っているのでちょっと不自由があります。
今日の活動場所にはしのぶちゃんがいて、長年のお付き合い。
コラボも何度もやっています。
ステージ中のリボンを回す事がまだまだ。。。
突然のめちゃぶりでリボン渡しました。
さすが『えっ!!』言いながら見事にこなしてくれました。
最後には紙テープも投げて頂きました。
重ね重ねありがとうございます。

001.JPG

しのぶちゃんに「ババァ川柳」という本をお借りしました。
元気な私も今回の手術で不自由な時間を過ごし。
体動かせない時間を俳句や川柳を始めた事を話して、
早速 本を探し出してくださったのです。

次回の7月の活動までお借りします。
1句作っていかなければね。
posted by Yu&Kei at 00:00| Comment(0) | 活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

ディサロン りふれ

Kei手術後の二人で活動はちょっぴり不安もあって、
一番家に近いディさんでやらせて頂きました。

ジャグリングサークルに練習に来る尚君のママの職場です。
ちょうど春休みで尚君と妹さんも一緒に応援に来てくれました。

折角だったので
尚君得意の独楽もやって頂きコラボでした。

003.PNG

楽しかったです。
何とか手の動きの不安も70%くらい回復でしょうか?
posted by Yu&Kei at 00:00| Comment(0) | 活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

Yuの相方はおしゃれな三角巾

016.PNG

Kei2月27日に肘の手術をして1週間のギブスと三角巾状態。
生活の不自由の覚悟と同時に準備したおしゃれな三角巾です。
定番白色はどうしてもボランティア活動では痛々しい。
ささやかなテンショングッツになりました。

この状態で活動はどうなんだろうと?
自問自答した結果。
Yuと続けてきたこのジャグリング活動は
いつまで継続できるだろうかと考える年代に私がきました。
でも、できる限りYuにとって大切なこの活動を続けるために
変化が必要になってきているのです。
ひとりのステージ 見せ方 体験コーナーのやり方
私が一緒でなくとも誰かが一緒であればできる活動内容へと

私が左手だけそして進行係りでの関わり
「Yu&Kei」ではなく「蔵っち Yu」そんなネーミングでの締め方

移動 運転手さんは主人
主人が関わってくれることで確実に私の肩の荷は軽くなる。
「Yu&Hiro」そんなネーミングの活動日もあるかも。

将来的にはジャグリングサークル仲間と一緒に活動
そんな日が来てくれたら嬉しいね

安定期の10年を過ぎ
未来につながる模索 試行錯誤の時期
これもまた楽しみながら変化していきたいと思っています
取りあえずは私 右手のリハビリ頑張ります。

本格的活動復帰は4月からの予定です。
ボチボチ ゆっくり ご自愛のお年頃ですから
posted by Yu&Kei at 00:00| Comment(0) | おしゃべりタイム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする